義歯(入れ歯)

歯を失ってしまったアナタへ

毎日の食事を楽しむ。必要な糧であると同時に、大きな喜びを感じる瞬間です。しかし食事の際に「十分に噛めない」「入れ歯が動く」「痛い」など、我慢をしながらではせっかくの食事が楽しめません。
義歯(入れ歯)は、歯を失った部分に着脱式の人工の歯をはめる保険診療が適用できる治療法です。歯が残っている場合は、部分入れ歯となり、歯を全て失ってしまった場合は総入れ歯となります。
当院では、食事が楽しくなるよう患者様に合った入れ歯をご提案させていただきます。

入れ歯(義歯)のメリット

  • 入れ歯は、手術の必要が無い
  • 入れ歯は、お手入れが簡単

歯を失った後の治療方法としては、インプラント・入れ歯(義歯)・ブリッジなどがありますが、当院では入れ歯治療に力を入れております。

入れ歯と聞くと、あまり良くないイメージがあるかもしれませんが、当院では患者様のお話をよく伺い、その方に一番合ったものをお勧めいたしますので安心してご相談ください。

当院の入れ歯(義歯)治療について

患者様のご要望に合わせた義歯(入れ歯)をご提案

  • 硬い食べ物もしっかりと噛みたい
  • 違和感なくフィットする入れ歯にしたい
  • 入れ歯を入れていると気付かれたくない
  • 見た目を綺麗にしたい

出来る限りご希望に沿えるような入れ歯をお作りいたします。入れ歯はその人の状態に合った素材を選択し、細かい調整が必要です。

金属床

プラスチックで作られる粘膜に接する床の部分を金属にした入れ歯です。適合がよく薄くて丈夫という特徴があります。金属は熱を伝えるので美味しく食事を楽しめます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは強くて柔らかい素材を使用しているので、入れ歯をつけている時の違和感がありません。また、入れ歯を固定している金属が無いので見た目が自然で、人前で入れ歯を気にせず会話ができます。
デメリットとしては修復・修理が難しく、一時お預かりすることがあります。

また耐久性には優れていないため、短期間(2~3年ほど)での作り直しが必要となります。ノンクラスプデンチャーをお考えの方は、ご相談ください。

ページトップへ