当院の特徴

治療方針

歯科治療は、患者様と医師がお互いに協力し合い行っていくものと考えています。
正確な診断・治療を行うため、初診時には現在の症状やお悩みについてしっかりとお話をお伺いします。
その上で必要な検査を行い、症状や治療法をわかりやすく丁寧にご説明いたします。
症状によっては、複数の治療法を選択することも可能です。その際は、それぞれの治療法についてしっかりと説明を行いご理解いただいた上で、治療法を選択していただきます。

コンセプト

まずはお話をお聞かせください

良い治療を行うためには技術も必要ですが、患者様の気持ちを知ることも同じくらいに大切だと考えています。意思疎通ができないまま、ただ口を見るだけの治療を行っていては、その場限りの治療しかできず、いずれはひどいむし歯や歯周病になり、必ず後悔をすることになります。
皆様がお口に対してどのような不満・ご希望をお持ちなのか私達がしっかり把握すること。これが最善の治療を行うために一番大切なことだと考えています。
そこで、カウンセリングを実施し、お口について気になる点や治療のご要望などを可能な限り詳細にお伺いいたします。

検査をしっかりと行います

患者さんのお口の状況を正しく理解することも、最善の治療を行うためにはとても重要なことです。痛みを感じるところだけを検査しても、なりかけのむし歯やじわじわと気付かないうちに進行する歯周病などをみつけることはできません。
そこで私達は、様々な検査機器を利用し、通常の歯科医院では行わない細かいレベルでの検査を行います。様々なお口の病気を事前に察知し、早期治療と予防によって、健康なお口を生涯に渡って維持していただきたいと考えています。

現状とリスクをご説明します

インフォームドコンセント(説明と同意)という言葉が叫ばれているように、患者様にご自身の現状や将来のリスク(危険性)をご理解いただかないまま治療をすることは、現代の医療機関としてはあってはならないことです。
検査の結果は、私達が治療に利用するだけではなく皆様にもご理解いただけるよう、できるだけわかりやすくご説明させていただきます。言葉だけではなく図解・写真・レントゲン・模型などを用いて、より明朗な医療を心がけています。わからないことがあれば、何度でもご説明させていただきます。

複数の治療方法をご提案します

医療は日進月歩です。同じ症状でも治療方法は様々です。どのような治療の選択肢があり、どんな欠点があるのかを理解することがとても大切です。
健康保険が適用できない治療も含め、選択可能な治療方法についてはすべてわかりやすくご説明させていただきます。それらを正しくご理解いただいた上で、患者様ご自身に治療方法をご選択いただきます。

ページトップへ