審美歯科・ホワイトニング

審美歯科について

歯には機能的な側面と、美的な側面があります。両面に焦点を当て、幼年期から老年期までその年代にあった口元の健康と健康美を求めていこうというのが審美歯科です。
口元にコンプレックスがあっては本当に美しい笑顔は生み出せません。
当院では、天然の歯に近い歯の修復物を用いて、患者様の歯を総合的にプロデュースしていきます。

修復物の種類

  • インレー・・・小さなむし歯の際に、むし歯の箇所のみを削り取った後、その部分に詰める修復物です。
  • クラウン・・・大きなむし歯の際に、歯の神経を抜いてしまった後に装着する、歯の形をした修復物です。
  • ブリッジ・・・歯が無くなった場合に、その両隣の残った歯を削って土台にして、人工の歯で橋を架けるような形にした修復物です。
  • メタルボンド・・・前歯の治療で最もポピュラーな方法です。金属でつくった被せ物の表面にセラミックを焼きつけて、歯の白さを再現していく修復物です。
  • オールセラミック・・・金属アレルギーのある人やよりキレイな歯を手に入れたい場合に、金属を一切使用せずセラミックのみでつくる被せものです。歯の透明感を失うことなく自然な歯の色を再現できます。金属アレルギーの方にオススメです。
  • ラミネートべニア・・・歯が変色したり、歯と歯の間に少し隙間がある場合に、歯の表面をごくわずかだけ削って、歯の色をした薄い板を貼り付けて見かけを改善する修復物です。
  • ジルコニアクラウン・・・ジルコニアは「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、セラミックのなかでも優れた審美性・耐久性を誇ります。ジルコニアには身体に優しい素材が用いられており、保険適用の銀歯のように金属イオンが体内に流出する危険性がありません。従来のセラミックのデメリットを克服した素材として、審美歯科治療において高い注目を集めています。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、専用の薬剤を用いて歯を削らずに白くする方法です。医院で行うものとご自宅でできるものがありますが、当院ではどちらも取り扱っています。
ホワイトニングは、クリーニングでは落としきれない着色汚れを綺麗にすることが可能で、使用する薬剤は着色物(有機成分)にのみ働くため、歯を傷つける心配がありません。

オフィスホワイトニング

特徴 長所 短所
高濃度のホワイトニング剤を使用する為、短時間で一気にある程度の白さになります。 即効性があり、一度の来院である程度の白さを得られます。全て歯科医師・歯科衛生士が行うため安心です。 希望の白さまで歯を白くさせたい場合には、何度か通う必要があります。
特徴 高濃度のホワイトニング剤を使用する為、短時間で一気にある程度の白さになります。
長所 即効性があり、一度の来院である程度の白さを得られます。全て歯科医師・歯科衛生士が行うため安心です。
短所 希望の白さまで歯を白くさせたい場合には、何度か通う必要があります。

ホームホワイトニング

特徴 長所 短所
低濃度のホワイトニング剤を時間をかけて浸透させる為、白さが長持ちします。 自分の都合に合わせてすることができます。白さが長持ちします。 効果が現われる(白くなる)まで時間がかかります。
トレー装着に違和感を感じる人がいます。
特徴 低濃度のホワイトニング剤を時間をかけて浸透させる為、白さが長持ちします。
長所 自分の都合に合わせてすることができます。白さが長持ちします。
短所 効果が現われる(白くなる)まで時間がかかります。
トレー装着に違和感を感じる人がいます。

ページトップへ